Tea Rounge~Raindrop

紅茶と音楽について好きな物を 好きに綴る気紛れブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコットランド幻想曲 Op.46(M.ブルッフ)

2006-04-16-Sun-22:20
タイトルにこそ、「協奏曲」とはついてませんが、
副題に「ヴァイオリンと管弦楽のための」とつく、
ヴァイオリン協奏曲の1つです。

スポンサーサイト

ヴィルヘルム・バックハウス

2006-04-16-Sun-22:10
曲を聴いて、感銘を受けるのにも色々あると思う。
その「曲」を制作した作曲者に興味を惹かれたり、
演奏者そのものにパワーがあって、演奏者に感動したり……。
このピアニストは私が「演奏者」そのものに感動した、
多分一番最初の人である。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。