Tea Rounge~Raindrop

紅茶と音楽について好きな物を 好きに綴る気紛れブログ。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RomanDVD Disc2を叫ぶ

2007-05-06-Sun-04:01
Sound Horizon Concert Tour 2006-2007『Roman~僕達が繋がる物語~』〈限定盤〉 Sound Horizon Concert Tour 2006-2007『Roman~僕達が繋がる物語~』〈限定盤〉
Sound Horizon (2007/04/25)
キングレコード

この商品の詳細を見る


Disc1に続いて、Disc2の叫びです。
澪音は色んな意味で神な出来だと思っているので、
特に文章がうざったい程長いです。
(……最初に書いたよりも削ってるんですが、一応!(笑))
そんなひいきどころバレバレの長文に
お付き合いいただける方は続きからどうぞ。
再び敬称略失礼します。
なお、初回限定版を購入しているので、
本編未収録ハプニング集についても触れてます。
(PV2作については、今更な気がしたので省きました。すみません)

【Hiver MC?ママン・ロマン 僕達が繋がれる理由?&星屑の革紐】
・ロマンテーマ合唱の後、イヴェールからの
お母さんについての話は本当にしんみりと来るものが……。
・あずみママンが歌う前のオルゴール系の音色で
奏でられる旋律が好きだー!
・YUUKIちゃんもミユキ・ローランも
あずみママンも表情いいなぁ……! 演技にやられた。
てか、YUUKIちゃんは本当DVDで見直しました。
ただCDで聴いてただけじゃ、
解らなかった面を色々見られた気がする。
というか、時期的なものもありそうですが、
CDよりライブで完成度高く思う面があるって凄い……。
・ラスト、YUUKIちゃんとミユキ・ローランで
あずみママンのとこに行く演出が凄く好きです。

【澪音の世界?Savant † Hiverの世界?】
・曲への入り方、間の取り方というか、焦らし方が上手い!
・「Revoー!!!」叫び来たー!! 
というか、Savant † Hiverの世界と言いつつ、
二人とも結構素になってる気がするのですが。(笑)
特にじまんぐが!(最初の方から「貴様ら」呼びだしw)
胡散臭いSound HorizonのJimangというキャラだけでなく
ソロでやるようなじまんぐ本来の素の部分も
出てるように思えるというか、上手く溶けてるというか。
慣れもあるのでしょうけど。
ぶっちゃけた話、これはSavantとHiverによる
「Savant † Hiverの世界」じゃなくて
「Jimang † Revoの世界」になってるんじゃないかと
思うんですが、どうでしょうw
(というわけで、以降はイヴェール、賢者ではなく、
あえて陛下、じまんぐと記述いたします。(笑))
・「諸君、地平線を飛び越えるぞー!」と言いつつ
階段を下りていく陛下を、
じまんぐが階段下でお待ちしておりました、陛下!
てな感じで跪いて、両手を広げて出迎えているようなアレが、
何か主従っぽく見えるんですが!
ときめくじゃないか、ちくしょう! いい意味で!(笑)
・「We Are the Sound Horizon!!」
「過去に縛られてはダメだ、諸君。先へ進むぞ!」
何かこの言葉に、陛下の想いが凝縮されてるように思えて、
勝手にぐらりときました。
(最近の公式サイトの更新でも過去ではなく前を向いて、
みたいな発言が出ていた所為もあるでしょうが)
・でも、陛下。移動する時もう少し周りを見てください。
亀ちゃんに当たりそうになって、
弾いてる最中の彼女がちょっと避けてました!(笑)

・あれ、陛下のボーカル入り始めた最初、
ちょっとだけ曲が走った?(直ぐ戻ったけど)
・激しい動きで脱げかけているじまんぐのコート。
が、翻るコートが寧ろ様になってる! 
自分の見せ方解ってるんでしょうね、きっと。
それにしても、本当によくこれだけ動いていて声出るな、
この人は……! 
足腰や心肺機能、マジでどうなってるんですか!!
ステッキ持ってて激しい動きがいけることにもびっくりするけど、
よくしっかり距離感とか測れてるものだと……。
・「自我の下僕」じゃなくて「Revoの下僕」でいいのかな、これ!
首狩りの仕草やる陛下がいい!
(ところで、「Revoの下僕」の直後のじまんぐが
何て叫んでるのか未だ聞き取れません。orz)
・サビのハモリ、じまんぐは多分主旋律側の陛下の声を
聞きながら、自分の方の音程やら音量やら
調節してるんだろうなぁ。これ。
あれだけ動きつつ、気が回るって凄ー。
(普通に歌うと陛下よりじまんぐの方が絶対響くと思うし)

・語り部分、原曲だとオーボエがオイシイけど、
管セクションが今回居ないから
ピアノメインでしっとり聞かせるアレンジにしたのでしょうか。
照明効果も合ってて、どことなく静謐な雰囲気なのがいい!
調変えたことで一番生きてるのここじゃないのかなーと
個人的には思ってみたり。
(調変更の一番の原因は多分声域によるものなのでしょうが)
・三銃士のやりとり素敵だ! 
つか、亀ちゃんの為にとかいうのも解るくらい、亀ちゃんは凄い!! 
バイオリン、マジで神掛かっている!!! ホント最高!!!!
(経歴知ったら、予想以上で驚いたと同時に激しく納得した)
・というか、三銃士のところ。
じまんぐが出したステッキに陛下がギターを重ねた時、
じまんぐが陛下の手の高さに合わせてる。見栄え考えてかな。
陛下の言葉の流れも窺うようにして、
言葉が終わった後にじまんぐが亀ちゃんの方に演奏始めて、
みたいにふり向いたっぽいのも考えると、
やっぱり他の人の様子を見ながら盛り上げたり、
引っ張って行ったりってのが
じまんぐは上手いんでしょうね。
単に場慣れ、というだけでは身につかないと思います、これ。
※4月30日のじまラジでじまんぐが曲の尺をはかり、
ドラムのケンケンに合図し、4小節で最後の台詞にいく
という段取りについての話もしてたので、
やっぱりそういう微調節は
じまんぐの役目なんだなぁと改めて知りました。
物凄く今更だけどプロのエンターティナーだ、この人は……!

・煽るようにくいくいってじまんぐが指で
陛下に向かってこっち来いよ、みたいな挑発!!
・その指にそっちもちょっとは来いみたいに、
指でやっぱりくいっと応じつつ、
じまんぐに近寄っていく陛下……って、
え、ちょ、あの、近っ、近すぎなんですが、顔ー!!??
すみません、心臓に来ました、色々と!!
・ラストの「残酷な死神になる?♪」で、主旋律の陛下が
途中で途切れたの聞いてて、じまんぐが叫んだ形で
上手く誤魔化して収めたのでしょうか、これ? 
とっさの判断、お見事……!
・上着脱ぐときの陛下が笑顔だ! この辺り皆テンション高そう! 
聞いてる方もテンション高くなる!
でも、多分脱ぐのに必死で二回目の「サーンホラーイ!」は
ほとんど陛下の声が出ていないようなw
(じまんぐは脱ぎつつも毎回しっかり声が出てる)
・つか、じまんぐ脱ぐスピード、速過ぎておかしいんですがwww
・陛下はまたギター持ったときに髪を気にしてるのが何か可愛い。
後ろ髪長いから、ギターのストラップに
挟んでるかもみたいな感じだったのかな。
じまんぐが陛下の背中側から軽く飛びつくようなあれは、
それの確認も含めて「大丈夫、大丈夫!」というようにも見えますw
(もしくは、そんなん気にするな! 動け!!とか?
じまんぐはコート脱げかけていたりとかしても、
それを上手く見せるほうに使う感じなので)
・演奏陣も皆凄い良い顔してて、大好きだー!!! 
ぶっちゃけ、じまんぐと陛下が入ると
どうしてもそっちに目と耳が行きがちになるので、
澪音は声抜いたヴァージョンも聞いてみたくてたまりません。
特に二回目のデュエットのところの亀ちゃんが弾いてる旋律が
ぞくぞくするほど綺麗……!! 
(どうしてもここ、例の顔が超接近するアレに
気をとられてしまうんですがw)
・ラスト、4月30日のじまラジ聞く限りじゃ
ちょっと予定と違ったらしいのですが、
全然そういうのを感じさせなかった……!
このあたりはじまんぐのアドリブ技量の凄さを
物語っている気がします。
・でも、こういうのをじまんぐが自分自身の曲・ステージで
同じような事やれるかというと、
多分……出来ないっぽい気が……。
(失礼ですが、少なくとも現時点では。
DVDとじまライブレポ見てる範疇でしか知らないけれども。
いや、あのじまソロのあれはあれで好きなんですけれど!)
結局、基盤にある陛下が築いてるものが
凄いからやれるんだろうなって話なんですが。
(つか、本当に陛下の弦の使い方は神すぎる……。澪音に限らず)
でも、逆にじまんぐ抜きのSHでこの盛り上がりがいけるかというと、
それもまた正直厳しいものがあるように思います。
(これも現時点ではの話ですが。陛下に関しての盛り上がりは
観客に助けられてる部分も大きいように思うので、
ちょっと質が違うような)
凄い良い形で噛みあっているというか、
改めていい組み合わせですね、この人達は……!

結論:澪音のステージはあらゆる意味でホント神……!
じまんぐご本人がじまラジで一番の見所は澪音と
言ってたのもひたすら納得です。
陛下やじまんぐは勿論、参加メンバーの凄さが凝縮されてる。
ご馳走様です! リピートしまくりですよ、本当に!!

【幻想楽団メンバー紹介】
・自分でメンバー紹介「ちょっとキモイぞ」って。(笑) 
あの、寧ろ可愛いと思いm(強制終了w
・ベースのあっちゃん・ローラン肺炎だったそうですが、
弾けに弾けた。プロだ……!!
・「チーン」とオチもつけるなおみ・ローランいかす!
・ドラムのケンケンは笑顔に惚れます。
あちこちで時々カメラ目線で笑顔なのが!
ところで「残念だったねぇ!」のつっこみ入れたのは
マニピュレーターローランの突発的な仕業なのか、
事前に打ち合わせていたのかが気になりますw 
・キョウコ・ローラン、噂の名曲(笑)ピコロマンGJ!!
・「楽譜? 国王の頭の中にあるみたいだなー」
その頭の中から欲しいです、陛下! 
ピコロマンだけでなく全曲分を!!(挙手)
・ストリングスはヴィヴァルディの春! 正統派来たー!!
しかし、美人揃いですね、弦は!
「ごめん、まだ生まれてなかった」ちょ、イヴェールさんwww
・ギターにしてコンマスなjake、超ノリノリ!
そして、間にYeah!!と入れるイヴェールもノリノリ!!
(ジャンピングYeah!まで披露!)
ピック飛ばしも鮮やかです。そして、表情豊かで和むv 
・マニピュレーター坂ローラン、芸達者でいらっしゃるw
エンジニアさんが何故にこんな芸達者w
こくこく細かく頷くのが妙に萌える^^
・二階席までボール飛ばそうとしたら、失墜。
「あの辺にはキングの社長が」(笑)社長は大丈夫でしたかw
・ダンサーさんたちも凄い、というか
SHは個性豊かな面々集まりすぎじゃありませんか!?
・一度階段下りかけて戻るIKE、可愛い! 
マイク貸すイヴェールと距離が超近ーっ!!
・jakeとIKEの名前間違わないように、イヴェールさんwww
・REMIお姉様、素の声や仕草が犯罪的に可愛いです、ハァハァ。
歌ってるときの妖艶な神々しさとのギャップに
萌えすぎてやばいです、お姉様ー!!
・YUUKIちゃん、回転ウィ、ムッシューが可愛すぎるvvv
・KAORI姐さん、首刈り、首刈り! 
二階席にも「行くぞ!」いいなぁ!! かっこいいよ、姐さん。
・RIKKIママン、小っちゃくて可愛い、
投げキッス可愛い、ハァハァ!!
・眩しいというか神々しいよ、あずみママン……!
・「皆の大好きなあの男を呼ぼうか」でヘリウムボイス、
さらにしっかりオチもつけつつ登場のじまんぐ!!
というか、ヘリウムから通常ボイスに戻るの早すぎませんかw
一気に起こるJimangコール!! やっぱり凄いなぁと思った矢先に、
自分で良い人とか言っちゃうし。(笑)
それにRIKKIママンが頷いてるのが妙に可愛かったですv
・そして、陛下を紹介する時に再びじまんぐがヘリウム吸うw
・一斉に起こる「Revo」&「陛下」コール。
あ、混じって本当に「へぼ」に聞こえるw 
・「何かやるしかないじゃないか」スタダ来たー!! 
陛下のウィスパーボイスは妙に色気があって困ります。
嘘困らない、もっとやってくだs(略
ヘリウムボイスのじまんぐがすかさず合いの手! GJ!
 
【神々が愛した楽園?Belle Isle?】
・手拍子誘導してるIKEが何気にキュートvv
・RIKKIママンの情感こもった歌い方も素敵だけど、
(間奏でのステップとかもいい。腕の動きがまた!)
この曲のストリングス・ギターの使い方がたまらなく、
たまらなく好きだ……!
間奏部分のバイオリンのライブ用アレンジとか聞き惚れる!
 
【終端の王と異世界の騎士?The Endia & The Knights?】
・イヴェールじゃなく、陛下仕様な衣装で登場! 
ギター弾いてるところも好きだけど、
アコーディオン弾いている陛下も素敵です、ハァハァ!!
・この曲の歌姫3人の動きが全体的に好きですv 
てか、中央のREMIお姉様が神々しい……!!
特に中盤のクロニカ様を思わせる部分で
歌姫3人が縦一列に並ぶ辺り、演出カッコイイ!
・しっかり間奏で賢者登場! 
ちょっと歌姫と絡んだ後さらっと退出w
……そういえば、賢者の衣装。
澪音で脱いだ後はYシャツの上に直接コート羽織るだけになっていたw
やっぱり暑いんだろうなぁ、あれは……。
ただでさえ舞台上って暑いのに、
賢者の衣装フルだと結構な厚着ですよね。
・ラストのREMIお姉様の高音凄すぎー!!
ああ、もう本当どれも生で聴きたいけど、
REMIお姉様の声は特に! 超生で聴きたい。
 
【YEAHld→僕達が繋がる物語】
・Revoコール(しかしやっぱりRevoと陛下が混じって
へぼコールに聞こえる)の中、
飛び込み前転(?)で鮮やかに登場な陛下! 
自分で「運動神経のいいとこを見せとかないとな」
言っちゃうのが可愛いし!w
(でも、本当に運動神経良かったんだなぁと
ようやく自分で見て信じられました……。(笑)
じまんぐがソロライブで陛下が元機械体操部だったと
言ってたことを人づてに聞いても
えええええ!?って感じだったんでw)
・「Jimangはやんないのー」コールには
「やるのかなぁ、どうなのかなぁ」
どことなく陛下が楽しそうですw
が、コールには応じず、陛下が見てる方と
逆側からじまんぐ普通に登場。
てか、単純にあの長いコート着てて
飛び込み前転とかやるのは、流石に大変だろうと思うわけで。
・歌姫5人で手を繋いで出てくるのが可愛い、可愛いvv
仲良さそうで和むvv

・歌姫たちで1フレーズごとに分けて歌ってるのいいなぁ。
てか、RIKKIママンがYield歌うの聞いてみたいかも。
曲に合ってる感じがしました。
・陛下が歌うところ、もしかしてじまんぐも
一緒に歌う予定だったんでしょうか。
歌い始めで声が出てないから、
じまんぐの方を見たらYeah!とか合いの手を入れられて、
(しかも、もしかしてまたヘリウム声ですかw)
「あれ?(予定と違うじゃん!)」みたいに見えましたw
つか、「あれ?」とか言ったり、つい笑っちゃったりするあたり、
陛下は本当にアドリブはきかないなぁw 
じまんぐがその分アドリブきく人だから
バランス取れてていいんじゃないかとも思いますが。(笑)
(基本的に信者なので盲目ですw)
・歌姫たちの挨拶のところ、REMIお姉様の
素の声ホント可愛い、ハァハァ!
・ラストの陛下の話も来るなぁ……。
ロマンは本当に終わらないよ。繋がってる。
というか、しめが素敵すぎる。
こういうの会場で体感したかったです、本当に。
超聖誕祭は行く予定なので、落選しませんように……!!
・そして、暗号にまたほろりと来た。
あああ、もう……! Sound Horizon大好き!!
 
【本編未収録ハプニング集】
・初っ端からトランクス発言ですか!(笑)
・「馬鹿な事を言うんじゃない、Jimangは穿いてない」
って、ちょw
しかも、陛下がそう発言したの直後のじまんぐが
素でふいてませんか、これwww
・なのに、陛下は平然と笑顔で、
「な。こんな汗を掻く男が穿いているわけ無いじゃないか、そんなものは」
……えーと、その、何をどこからつっこめばいいんですか、これ。(笑)

・ずっとつけていたウィッグの所為もあるでしょうけど、
陛下の髪の生え際が微妙に気にn(強制終了)
(ごめんなさい、ごめんなさい)
・客席からの「ご主人様ー」の声援が女性だけじゃないのが、
凄いですね。今更ですか、そうですかw
・曲やりかけて止めてしまうしw 凄い勢いで止めましたね。
出てきかけた歌姫引っ込むのがちょっと可愛かったv

・「だって愛してしまったんだもの」
何故、そこでわざわざじまんぐの方を向いて言いますか、陛下。(笑)
客席に向かって言ったら言ったで、
卒倒しそうな人が出るんじゃないかとは思いますが!w
そして「皆様が居ないと食べていけないと
いうこともありますしね」や、それはその通りですが、
言っちゃ身も蓋もないです、じまんぐ!
・年金じゃなくて税金だとつっこまれる陛下が可愛いですv
年金だと社会福祉が確かにブレイクダウーンですねwww
博識そうな陛下が意外、と思いかけて、
もしかしたら、興味深い分野以外はかなり疎いのだろうかとか、
思ってみたりしました。
・客席からの「残念だったねぇ」に
「そのネタは古い」と陛下は返しましたけど。
あの、それをライブ中でオチに何度か使ってた
じまんぐの立場はどうなるんですかwww 
・それでも、陛下はMCになるとじまんぐを頼りにしてるのかなぁと。
何というか、話してる最中見てると
陛下は客席よりもじまんぐ側に身体向けてるし、
何か見てるのもじまんぐの方ばっかりですしw 
(じまんぐの方はそこそこ客席に身体向いてるし、
割とあちこち見てもいる)すみません、客席! 
客席をもう少し見てください、陛下!(笑)
しかし、ここのやり取りは漫才コンビのようw

・「振り付け自信のある方一歩前に出てください」で
陛下に前に押し出されるIKEw
・そして、出るまでは渋りつつもjakeが押し出されると、
誰よりも前に出て堂々としてるのに笑います。
・YEAHld、進行メインで進めてるのが
じまんぐなのは解る、解るんですが!
堂々と最中に陛下に私信ですかw 何、そのぐだぐだっぷり!(笑)
・そして、歌姫たちの説明の間にじまんぐに耳打ちしに行く陛下。
あれ、もしかして色々予定外?
でも、内緒話はマイクに声入らないようにした方が
いいかと思うます!(ちょっとぼそぼそ入ってるw)
・歌姫たちも微妙に噛みあわずにぐだぐd(ry
・展開についてけなくて
「何だそれ」「あれ、何だそれ」「え!?」思いっきり戸惑う陛下w
(そして、やはりついてけない模様でさりげなく後ろに戻るIKEw)
じまんぐも歌姫の動きに合わせつつも、どうする?みたいに
ちょっと陛下のところ行きかけてるしwww 
ああ、二人でお揃いの指を持ちつつ滑った……。(笑)
こんなぐだぐだっぷりも好きですが
(今更ですが、盲目的になりつつあるSH信者w)
もうちょっと周囲と意思の疎通というか、
事前の打ち合わせというものを……!w
そりゃ、DVDの編集は存在も消せるでしょうが!(笑)

楽パレみたいな舞台裏とかメイキングを
見てみたかった気もしますが
(でも、一応イヴェールと陛下は似て異なる人な感じで
やってるから、それを通したいなら、
内容的に無理なんだろうなぁとは思いましたけども)
ライブに行けなかった人としては十分楽しめました。ハプニング集v
スポンサーサイト

COMMENT



解糖系でダイエットを考える

2008-10-28-Tue-07:44
解糖系(glycolyticpathway)とは生体内の性化学反応毛色のひとつです http://majesty.crosstudio.net/

ダイエットとストロベリーリーフと美容のバランス

2008-10-28-Tue-23:38
ワイルドストロベリー(野いちご)の葉を乾燥させたハーブです http://ai.crosstudio.net/

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。